子供たちが簡単にできるウィンタースポーツ選びを手助けする総合サイト

冬の寒さの危険をきちんと認識しよう

寒い季節のスポーツにつきものの危険

冬に体を動かすと体がポカポカして暖かくなりますよね。でも冬を甘く見てはいけませんよ。体を動かすことにより体が温まると同時に汗がでてきます!この状態でスポーツをやめると当然汗で体が冷えてきます。すぐに着替えられる場所で有れば良いのですが大自然の中でのスポーツだと着換えられないですよね。もしスポーツの途中で足を怪我して歩けなかったら。すぐに体が冷えてきます。仲間がいればいろいろと対応できることもありますが一人だったらどうすることもできないですよね。ウィンタースポーツではないですが釣りも落ちたりするので一人で行くのは危険だといいますがウィンタースポーツも危険がある事を認識して於かないと取り返しのつかないことになるかもしれません。当たり前のことですが冬の寒さは危険です。

いろいろの防寒着があるよ

冬の寒さは危険ですが、最近のウェアはかなり防寒や吸湿などについては高性能な製品が出ています。耐寒素材を使い耐寒温度が表示されたウェアや吸湿機能ばかりか保温機能付きのウェアまであります。こういったウェアを上手に使って冬の寒さをコントロールすることが可能です。ただしどんな寒さからも守ってくれる万能のウェアではないのでこれさえ来てれば大丈夫なんて勘違いしないでくださいね。
さて子供が大自然でのスポーツに出かけるときは基本的には大人が同伴することが望ましいのですが、子供同士だけで出かけることもあるのではないでしょうか。こういう場合大人が寒さについては十分留意してあげる必要があります。先ほどの耐寒ウェアなどを準備すると同時に寒さ対策や運動と休憩の時間管理等リスクを念頭に置き指導することは必要なのではないでしょうか。そういったことが事前に留意されていれば子供同士でも十分安全に楽しめることと思います。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ